骨盤調整について
◇骨盤は、仙骨+寛骨(腸骨・恥骨・坐骨) と4つの骨から構成されており、体の中心・土台の役割を果たしています。
◇ 骨盤が歪むと腰痛や姿勢が悪くなるだけでなく 生理痛、不順、不妊の原因になるとも言われています。 また、長時間のデスクワーク・立ち仕事・片寄ったスポーツ とくに出産は骨盤に対する影響が強く、 骨盤がゆがむ方が多く見られます。

そもそも骨盤が歪むとはどういう事なのでしょうか?
◇骨盤には正しい位置があり、その正しい位置に骨盤がないと身体のいたるところに不具合が生じてくるのです。 骨盤はカラダの核です。上半身と下半身をつなぐ部分であり、内臓を受けています。また、骨盤は男性と女性では形状が異なり、女性の骨盤は横幅が広く柔軟性に優れた作りになっています。それは、赤ちゃんをお腹の中で育てられるようにするためなのですが、柔軟性に優れている事で逆に、骨盤の歪みも起こりやすいと言われています。 そのため、男性よりも女性のほうが骨盤が歪みやすいのです。

骨盤を含む、全身の固まった関節の動きを改善していきます

◇当サロンで行う 【骨盤調整(仙腸関節調整法)】は、骨盤だけでなく全身の固まってしまった関節(関節包内運動の障害をきたした関節)の動きを,ソフトな力で優しく調整し改善に導いていきます、骨盤だけを調整しても、上半身・下半身の関節の動きも調整しなければ、また元の状態に戻ってしまう為です。

《骨盤の歪みにとって、様々な不調が生じます》
◇骨盤の歪みによって内臓の位置が(捻じれた・下がった)状態になると血流・リンパの流れが悪くなり、 新陳代謝が低下します。そして、太りやすい体になってしまいます。 
◇また歪むことによって起きる主な症状として、
《 肩こり、腰痛、坐骨神経痛、ひざ関節痛、顎関節症、頭痛、めまい、 生理痛、不妊、睡眠障害、自律神経失調症、筋肉の疲れ、 疲れが取れない、ポッコリおなか、冷え、体温が低め、 慢性疲労、免疫力低下、内臓不良、便秘、尿漏れ》などがあげられます。
※骨盤の歪みがカラダに及ぼす影響は大きく、このような症状を改善するためには、骨盤のゆがみを正しい位置に治してあげる必要があります。

骨盤が歪むと姿勢も悪くなります。

土台である骨盤が歪むことで、姿勢にも影響を及ぼします。
◇自律神経と姿勢の密接な関係性   
 「自律神経」⇔「姿勢」⇔「呼吸」⇔「内臓機能」

◇自律神経とは、心臓や血液、胃腸、肺の活動、汗などを 無意識化でコントロールしている神経のことで、 交感神経と副交感神経の2つで構成されています。 「自律神経が弱い人で姿勢のいい人はいない」といわれるほど、 その関係性は密なものです。 背中が丸くなると、横隔膜が下がりにくく、自然と呼吸が浅くなります。 すると、呼吸で肺に入る酸素が薄くなるので、血液・リンパの循環も悪くなります。 循環が悪くなることで、内臓器官の機能も自然と低下していきます。自律神経のバランスを崩さないためにも、姿勢には常に気を付けることが大切です。

骨盤が歪んでしまう原因

・加齢や産後、運動不足などによって、骨盤まわりの筋肉が弱っている
・足を組んだり、あぐらをかいたりすることが多い
・日常ハイヒールを履いていることが多い
・かばんやバッグなど、重いものを片側だけで持つことが多い
・うつ伏せで寝ることが多い
・身体の重心を左右どちらかにかけることが多い  
など、無意識下での行動によるものが多くあげられます。

※また、余談ではありますが、骨盤に対する矯正の仕方には様々な手法があり、近年では雑誌やYoutubeを始めとする多くのメディアでとりあげられていますが、骨盤を専門にする整形外科にて1万人以上の方の施術に携わってきた身からの経験上、誤った他院での骨盤矯正の方法により症状が悪化したケースも多々ありますので、しっかりとした知識と理論のもとに骨盤の歪みを整えていくことが重要です。