Blog

ご自宅でできる簡単な筋トレやストレッチ法などを紹介

こりや痛みの大元である姿勢の癖等といった生活習慣について解説

なぜこりや痛みが発生するようになったか、中には生まれつき骨盤等が歪んでいるといった方もいらっしゃるかもしれません。特に多いのが生活習慣の悪癖によって、骨格や筋膜に不調が発生し、こりや痛みに発展しているといったケースです。

そのため、施術院で根本原因をケアしていくのと同時に、日常生活での習慣を見直す行動を起こすことが、自己免疫力向上へと繋がるのです。自宅で簡単にできるセルフ整体でのケア法を紹介したり、生活習慣を見直すポイントについて解説したりなどを、相模原よりコラム記事でお届けいたします。

  • hiza_itami_young-woman_9576

    相模原近辺で、頭痛、目の疲れ、腰の痛み、体...

    2021/10/26
    だんだんと寒くなってきていますね。先週は、今週は特に 寒暖差がひどく「頭痛」、「めまい」、「体の疲れが抜けない」、「腰や膝の痛み」、「むくみ」などの症状を訴えられ ご来店されるお客様が多...
  • season_character3_autumn_momiji

    2021/10/08
    金木犀の甘く香りがする季節になってきましたね!(*^▽^*)まだ、季節外れの暑さもありますが 特にこの10月~12月にかけて少しづつ寒くなってくることにより、カラダのだるさや・抜けきらない疲労感、関...

NEW

  • サロンよりお知らせです!! 2月23日 振替営業致します。

    query_builder 2024/02/16
  • 手のシビレと痛み、指先の冷感 30代男性

    query_builder 2024/01/31
  • ドライヘッドスパで期待できる効果

    query_builder 2024/01/19
  • 肝臓について お正月、食べすぎ、飲みすぎて負担がかかりすぎていませんか?

    query_builder 2024/01/09
  • 「年末のご挨拶」 新リンパサロン淵野辺

    query_builder 2023/12/27

CATEGORY

ARCHIVE

不適切な姿勢と気づかずに、無意識で姿勢を崩している方も多くいらっしゃいます。例えば「腕組み」、深く考え込むときなどについやってしまいがちなこの姿勢ですが、これもやり過ぎるとこりや痛みへと発展するケースもございます。腕組みくらいであればそこまで大きな悪影響は少ないかもしれませんが、これが、片足を上に組んで座る、パソコン画面を首を前に突き出して凝視する、スマートフォンを猫背のまま長時間操作するなどの場合は、肩こりや眼精疲労などの原因になりがちです。

そこで、どのような姿勢の習慣等が不調へと繋がりやすいのか、施術の専門家の視点で解説してまいります。この習慣を見直した上で施術をコンスタントに受けるだけでも、よりスムーズな回復を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。加えて、こりや痛みを緩和または予防するための、簡単な筋トレやストレッチ法などもコラム記事でご紹介してまいります。